イラストでゲームを進化させよう

向上心

イラストを描くことが好きな人の中で、アニメーションの動画まで自分で作ったことがある人はどれくらいいるでしょうか。おそらく割合としては全体の中のほんの数パーセントでしょう。平面にキャラクターなどのイラストを表現することはできても、それを動かしたり立体化させたりする事は難しいと思う人が多いはずです。

しかし、自分が描いたイラストを動かすのは不可能な事ではありません。最近では素人でも簡単に使えるような動画作成ツールもたくさんあります。とは言え、イラストを描ける人が全員、動画作成のようなある意味専門技術を必要とする分野にも長けているとは限りません。そのためアニメーションにしてイラストを動かすと言うのは、一部の能力がある人だけがやる事だと認識されがちなのです。

ですが、例えばゲームのイラスト制作のように、動かすことを前提としたイラスト制作を請け負ってみると話は少し変わってきます。ゲームの中に登場するイラストがそのまま全く動かない静止画として使われることはほとんどないでしょう。カードゲームのように平面に登場するイラストに用いられたとしても、その周りには効果や演出などが加わり、ただのイラストがワンランク上のコンテンツになるのです。

せっかくイラストを描ける技術があるならば、同じところで留まってしまってはもったいないと思いませんか。ゲームのイラスト制作者を募集している企業も、ちょっと探してみるだけでいくつも見つかるはずです。プロとしてイラストを描き上げ、自分のレベルを一つでも二つでもアップさせていきましょう。